2021年09月05日

江神探偵事務所のとある一日

「だから、コストかけ過ぎなんですってば。アイテム全部フルCGで、名札まで入れて、それでこの金額で出そうと思ったら一体いくつ売れば元が取れるんですか!」
「えー、開口一番弟子とは思えない非常に厳しい一言ありがとうございますー。最低1000売らないとアウトですー」
「なのに量産にも向かないですよね? スリーブにカード入れすぎて指壊した、って、馬鹿ですか貴方は」
「はいー、ついにはマウスも握れなくなりましたー。えー、返す言葉もございませんー」
「そもそも、『これじゃ売れない』ってボツにしすぎです! シリーズの統一感だとか、クオリティだとか、いいんですよもっとアバウトで!! こだわり抜いた結果一年かけて作ってさっぱり売れなかったんですから、もういいですよね? 路線変更です! お客は楽しめればそれでいいんですよ! 作家の芸風とかこだわりとか不要なんです!!」
「えー、あー、昨今、雑誌の編集さんでもそんな手厳しくいわないと思いますー。しがないインディーズ稼業とはいえ私も一応作家なので傷ついてしまいますー」
「自称『負の感情をゲームにするクリエイター』なんですからグズグズ言わないでください。いいですか? そこのノートに書き殴っては放置したネタ、片っ端から使いますよ? 単品でボツになるようなものならセット販売です! ボリューム合わせるのに悩んだりせずどんどん出す! ショートなら週1で一本作れるって豪語しましたよね? 形にすることだけ考えてください! 世界観とかもバラバラでいいんで!」
「えーとですねー、、モノだけ作ってもですねー、グラフィックとかも用意しなければなりませんし……私の3Dポリゴン技術を使えば大抵のものはイラストにできますからー……」
「江神原さん、あなたゲームデザイナーです? それともグラフィッカーです? なんのためにゲーム作ってるんです? グラフィック褒めてもらうためですか? 違いますよね? ボドゲ探偵ですよね? 作ったゲームで楽しんでもらうんですよね? 人唸らせるんですよね? グラフィックがなきゃそれできませんか? 中身だけじゃ勝負できないですか?」
「ぐ……ぇ」
「少人数用ショートで1ヶ月に1本。2本セットで出すなら2ヶ月に1パッケージです。グラフィックは一切なし。ゲームシステム的に変わったことはしなくていいです。このご時世ですからオンラインだけ対応させてください。いいですか? もう後がないの自覚してくださいね? 月落としの木霊も、火纏りの男も、作品としてどうかは知らないですけど商品としては負けたんですから!」
「……ぁぃ」
「しょげて泣き言言う暇があったら手を動かしてくださいね? で、最初のネタはどんなです?」
「えぅ……。あ、あの、館モノの没ネタがあるんでそれで……ボリューム削って調整しましゅ……」
「ボリュームとか気にしないでいいんでとっとと形にすることだけ考えてください! はい! キリキリ手を動かす! 弟子にドヤ顔できるくらいに成果出すまで容赦しないですからね!!」


posted by エジンガー at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする